生鮮食品とは?生鮮食品の意味や種類、選び方を紹介

生鮮食品の意味とは?どのような種類があるのか

わたしたちの食生活においてとても身近な生鮮食品。
食料品の買い物に利用するスーパーなどでもよく目にすることがある言葉です。
生鮮食品とはどのような意味で、どのような種類のものを指す言葉なのでしょうか。
「生鮮」という言葉にあるように、わたしたちが安心して食べることができるような新鮮さを保つ必要が求められる食品のことを指します。
一定の水分量が含まれており、加熱されていないものは腐敗しやすい状態にありますので、消費期限も比較的短い期間に定められます。
生鮮食品の種類は大きく分類すると農産物、水産物、畜産物の三種類です。
水産物とは水揚げされた魚介類などを指す言葉で、畜産物は牛や豚、鶏などの精肉として販売されるものです。
野菜や果物などの農産物は販売にいたるまでの流通の仕組みが一定でないことや、他のふたつに比べて保存状態にばらつきがあるなどの理由や比較的日持ちしやすいため、消費期限が表示されていません。
また、消費期限とは表示された日付までに食べ終わるようにすることを意味しており、賞味期限とはおいしく食べるために適した期限を意味しています。
水産物と畜産物は冷凍保存も可能です。
そのため冷凍された状態で販売されている商品も多くあります。

 

 

生鮮食品と加工食品の違いとそのメリット

生鮮食品とは、天然、自然のまま、とくに長期の保存などを考慮した加工をしていない食品のことです。
スーパーを想像していただければ、丸ごとの野菜や果物、一尾丸ごと売っている魚、肉、卵などが典型例です。
単に切り分けたり、パック詰めしたりすることは、長期の保存などを考慮した加工のうちには入りません。
ですから、例えばカット野菜、カットフルーツ、刺身のパックなども、加工といえば加工かもしれませんが、加工食品とは違い、生鮮食品の範囲に含めることが普通です。
メリットは、もちろん自然のまま、天然のままの味わい、栄養があることです。
一方で加工食品とは、天然、自然のままではなく、長期の保存を考慮して加工したものという点で生鮮食品とは違いがあります。
典型例は缶詰や瓶詰めの食品類です。
メリットとしては、説明したとおり長期の保存が利くことです。
加工食品は、場合によっては1年以上も常温のままで保存できるものもあることがメリットです。
一方で、保存のために種々の添加物を加えたり、あるいは加熱したりしていることで、場合によっては食品本来の味や栄養は失われているかもしれません。
二つの違いを知って、上手に使い分けることが食生活を豊かにするポイントです。

 

 

野菜や魚など生鮮食品の選び方

料理をするときに意外と大切なのが、野菜や魚などの生鮮食品の選び方です。
食材は料理の完成度を左右するので、正しい選び方はできるだけ知っておきたいところです。
生鮮食品の中でも、肉や魚は鮮度が高いものを見極めることが必要です。
例えば、どんな料理にも使いやすい切り身の鮭は、明るいピンク色が新鮮な証拠です。
鮭の場合は、購入する時期や産地によっても味が変わってきます。
鮭と言えば秋というイメージがありますが、おいしい鮭が獲れるのは、5月〜7月頃です。
鮭の産地は、北海道やアラスカなどがありますが、アラスカまで泳いだ鮭は、脂肪分がなくなってしまっているので、脂がのっていておいしい鮭を買うなら北海道産を選ぶのがおすすめです。
野菜の選び方は、手に取って形や色をじっくり見ることです。
サラダなどに欠かせないきゅうりは、緑色が濃くて、重みがあるものを選ぶのが正解です。
表面がやわらかいものは、収穫してから日数が経過している証拠なので、家の冷蔵庫で数日保管したい場合には、固い手触りのものを選ぶのがいいでしょう。
野菜や魚など生鮮食品には、様々なものがあるので、すべての選び方を覚えるのは難しいですが、よく使う品目については、選び方をマスターしておくのがおすすめです。

 

 

品質表示基準について

肉や魚、農産物等の生鮮食品には、必ず基準に基づいた品質表示ラベルが張られています。
ここでは生鮮食品品質ラベルに記載されている品質詳細の見方について説明します。
1つ目は原産地名です。
国内産ならば県や市などの地域がわかるように生産場所を明確に表示する必要があります。
水産物につきましては捕獲水域が説明困難な場所の場合は水揚げされた漁港名の場合もあります。
外国産では生産国となります。
2つ目は保存方法です。
10度以下で保存等、該当生鮮食品の保存方法について明記してあります。
3つ目は加工者の氏名と住所です。
法人でなければ個人名表示です。
道の駅等で販売されている個人生産の生鮮食品などが例となります。
4つ目は消費期限です。
消費期限と賞味期限は異なる意味を持ちますので注意が必要です。
消費期限は期限を過ぎたら食べないほうが良い期限表示です。
賞味期限は開封していない物ならばおいしく食べられる目安となる期限となりますので、混同しない様にする必要があります。
賞味期限は主に加工品にて使われる基準となります。

また、水産物についての表示基準は更に細かく、冷凍物を解凍して販売する場合は解凍、養殖物ならば養殖と明示するようになっています。

 

 

参考になるかもしれないウェブサイトはこちら

 

カニ本舗(蟹本舗)通販なら、ここが日本で一番安心!|スカイネットのカニ本舗通販
かに本舗(蟹本舗)通販のカニとおせちが、最安値で買える公式サイト!(スカイネットのカニ本舗通販)を紹介しています!カニ通販なら、誰に聞いてもナンバー1の通販サイトです。

 

カニ本舗おせち料理

 

カニ通販サイト:かに本舗のかにの評判

 

このページで解説したように、生鮮食品はバラエティー豊かです。
年末の季節なんかには、カニなどの生鮮食品を贈ったり、通販で買ったりといったこともあるかもしれませんね。
そういう場合に活用できるので、カニ通販を取り扱っているウェブページなどです。
こちらでおすすめのサイトを1つ置いておきますので、ご参考に。